文章の時代。

技術がどんどん進化していって、マーケティングの手法もどんどん変化して行きました。

このページを読んでくださっている方の中にも、「時代の流れについて行くのが精一杯・・」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

 

集客には、どのSNSがいいんだろう・・。

Facebookの次は、Instagram? LINE@? Twitter?

動画マーケティング? 生放送・・?

 

たくさん流れてくるタイムラインの情報や、

有名だと言われているコンサルタントさんのメールマガジンから、

毎日のように溢れてくる情報に、翻弄されている方もいらっしゃるかもしれません。

 

翻弄されそうになった時、僕は、情報の本流を探すようにしています。

つまり、「大元は、なんなのか」を、いつも考えています。

 

「動画マーケティングが、これからは大事ですよ!」

という情報を、動画だけで知り得たでしょうか?

 

「Instagramで、インスタ萎えする写真を貼ると、バズります!」

という情報を、写真だけで知り得たでしょうか?

 

すべて、「言葉」を通じて、あなたの脳にインプットされているはずです。

情報の本流は、言葉だと、僕は思っています。

 

情報が溢れ、素晴らしそうなツールが溢れる時代の中で、

もし、あなたが何をするべきか迷ったとしたら、

その時は、文章に戻ることをお勧めします。

 

文章は、すべてのマーケティングの本流。

情報が溢れる時代だからこそ、改めて文章が大切な時代だと、僕は感じています。

 

 


まずはアメブロ。その次は・・。

そんな文章の時代の象徴の1つが、アメブロ でした。

気軽に、便利に、可愛く、無料で誰でもブログを書く事ができる。

アメブロが、ブログサービスの時代を支えたといっても過言ではないはずです。

 

夫婦の何気ない日常から、趣味の園芸の記事。

小説を書く人も現れたり、アメブロ つながりで交流を図る人も増えました。

 

その流れは、あっという間に、「お店の集客に使える」という流れにシフトして行ったように思います。

「アメブロ でブログを書けば、集客できる」

お店のマーケティングを考える上で、アメブロが欠かせない時代があったことは、間違いない事実です。

 

アメブロは、集客したい多くの人にとって、

いつしか、「文章を書く場所」ではなく、「見込み顧客がたくさん集まる場所」に変わって行きました。

 

その後、アメブロには、お店への誘導や、セミナーへの誘導、ビジネスへの勧誘などの記事が溢れかえったことは、

今でも続いていますし、記憶に新しいと思います。

ほんの数年で、アメブロの「気軽に文章がかけて、交流できて楽しい」という雰囲気は、

「ビジネス色の強い人が多い」という印象さえも、持たせるようになりました。

 

もし、あなたの大切なお子様や、大切な恋人が、

あなたとは文化の違う、少し危険な雰囲気のする人たちと友達になり始めたら

きっと心配すると思うのです。

 

例えば、「ダメですよ」と言っている門限を破るようになり、

あんなに和気藹々とした雰囲気だったのに、いつしか殺伐とした空気が漂い始め、

あなたの価値観にはない人と、行動を共にするようになったら

あなたは、大切な人を、その人たちから引き離すでしょう。

 

アメブロがとった「アカウント停止」という措置も、

そんな気持ちがあったんじゃないかと想像しています。

 

アメブロは、

商用利用を禁止しているにも関わらず、商業的な記事を書いた人のアカウントを、削除するようになりました。

「アメブロのアカウント停止騒動」も、記憶に新しいと思います。

 

実際に、アメブロのアカウントごと、あるいは多くの記事ごと、消されてしまったユーザーの皆さんに、

感想をお送りいただきました。

その一部をご紹介します。

 

 

アメブロが消えてしまったユーザーの声
〜 匿名で集めました 〜

突然使えなくなる(トム さん)

私は以前、アメブロを通して私が美味しいと思うグルメの紹介をしていました。
私のアメブロは割と人気があって愛読してもらっている人が多かったです。しかし、私はアメブロを通してグルメの紹介とは別に勧誘を行なっていました。

それは私が儲けている方法を教えるといった勧誘だったのですが、詳しくはお伝えできませんが、株のようなものを通してお金を稼ぐ方法を教えるための勧誘を行なっていました。

そのサイトに飛ぶURLと補足を毎回のブログに掲載していました。
私は悪いことだと特に思っておらず、皆が同じように稼げれば得かなと思っていました。こちらの勧誘したサイトにも飛ぶ人が多く、人気がありました。

ある日、私のブログに突然ログインできなくなりました。私はすごく焦って運営に問い合わせてみると勧誘行為を通報が多かったそうです。
もっとアメブロの規約をしっかり読んで、その規約を理解した上で正しく利用するべきだったなと思いました。


アフィリエイトリンクには注意(かんだ さん)

アメブロでは日常の生活を描いた特に特徴の無いブログを運営していましたが、2年くらい続けているうちにいきなり利用停止になりました。

いつも通りに自分のブログを更新しようとして、アクセスすると「お探しのページを表示できません」のページに飛ばされてしまったのをよく覚えています。
本当に普通のブログで芸能人のように人気があるわけでもなく一日の回覧も少ないブログでしたが、なぜか利用停止になって少し落ち込みました。

見る人は少なくても自分なりには楽しくやっていて日記のような感じでしたので、2年間の記録が一瞬で無くなるのは少し悔しかったです。
完全に消えたので2度と自分でブログを読み返す事もできなくなりました。

自分で利用停止の原因を考えましたが、削除される1ヵ月前から情報商材などのアフィリエイトを掲載したのが一番の原因だと思います。
アメブロは自社が認めている以外のアフィリエイトリンクにはかなり厳しいようでしたので、認められていないアフィリエイトリンクを掲載すると利用停止の対象になるケースが多いようです。

私と同じ思いをしないためにも、掲載するアフィリエイトリンクには絶対注意した方がいいです。


食べ歩きのようなブログ作成でも注意が必要(あみかわ さん)

普通の会社員ですが、以前にアメブロで趣味の食べ歩きをテーマーにしたブログが突然削除されてしまった経験があります。

ブログで使っている写真は料理やお店の画像くらいで、たまに私の姿を掲載するくらいでした。
更新は毎日ではありませんが、大体1週間に3回くらいのペースで記事を書いているだけなのに突然利用停止になって驚きました。

念の為に削除された理由を問い合わせてみましたが、回答は「投稿ガイドラインに違反したので退会措置をさせていただきました」という簡易的なメールが返ってきただけで、明確な違反理由は教えて貰えなかったです。

自分なりに削除された理由を考えてみましたが、お店の許可も取らないで勝手に撮影した料理やお店の画像が著作権を侵害している行為に該当してしまったのかもしれないです。他に考えられるのは自分がお店で食べた料理の一部を自分で酷評した書き込みもあったので、これも運営側から見たら良くなかった可能性もあります。

最初にアメブロは気軽な気持ちで始めたので、細かい利用規定などは読んでいませんでしたが、他のブログサイトと違ってかなり規定が厳しいようですね。
食べ歩きのようなブログ作成でも始める前にはしっかりと利用規約を見ておきましょう・・。


記事のほとんどを削除されたので自主退会しました(ゴールドンヘモン さん)

ブログで健康食品の宣伝をしていました。
バナーを踏んで購入してもらえれば、報酬が発生するような仕組みでした。

大体40記事近く書いていました。アメブロの利用期間は1年間くらいだったと思います。
1年後に突然そのような対応をされたので、ビックリしました。 突然のことだったので、把握するのに時間がかかりました。

いわれのない対応だと感じ、強い憤りを感じたので、すぐにアメブロに問い合わせをしました。
すると規約に違反しているから記事を削除したという旨のメールが来ました。

それ以上でもそれ以下でもありません。アメブロがルールなんだなってこのとき感じました・・・。

感情のやり場がなくて、すごく悲しかったことを覚えています。

今考えると、たしかに、規約に違反をしたような使い方をしていた自分が悪いとは思います。
しかし・・・泳がせすぎですよね。
もっと早い段階で警告なりしてくれれば、こちらも早めにやめていたのに。

記事も全部削除されたので、使い物になりませんでした。
下書き保存に戻されるのではなく、正真正銘消えてしまうので、そういうことにならないために、バックアップはしておくべきでした。


 

アメブロは、すごく便利で、実用的なブログサービスです。

これからお店を始める人で、お金をかけずに情報を配信したい場合は、やはり僕も「まずはアメブロ」をお勧めします。

 

しかし、アメブロのアカウント削除対応は、本人にとっては「このくらいは大丈夫」という記事でも、

容赦無く削除されていることも、事実の1つです。

 

すると、「アメブロは消される可能性がある」という噂が広まり始めました。

これまでアメブロ コンサルタントをしてきた方の中には、

「アメブロはもうダメだから、WordPressに引っ越ししましょう。その費用は・・」

と、手のひらを返して、高額な引越し費用を請求するケースも発生するようになったと聞いています。

 

「まずは、アメブロ」で、アメブロを書き始めた人が、

「じゃぁ、その次は・・?」を、2017年に入った頃から、特に意識するようになりました。

 

ここで初めて、気づく事実があるのです。

 


アメブロは、引っ越しできない

「アメブロ 引っ越し」で検索をすると、一番最初に出てくる記事は、

アメブロ公式の「他のブログから、アメブロに引っ越しをする方法」です。

この文章を書いている現段階では、「アメブロから、他のブログに引っ越しをする方法」については、シンプルな答えがありません。

 

「シンプルな答え」と、書いたのは、

アメブロから引っ越しをする方法は、実際には存在しているからです。

 

例えば、ライブドアブログの「ブログ引越しツール」。

もし、あなたがアメブロの引っ越しを考えて、検索をしたことがあるなら、このツールには間違いなくたどり着いているはずです。

 

アメブロから、他のブログ、例えばWordPressに引っ越しをする方法は、極端に少ないです。

  • アメブロからインポートできる形式に変換して記事を抜いてくるツール
  • 月々費用がかかり、途中で止めるとやり直しになるツール
  • 5回までしかバックアップできず、1度設定したら引っ越すしかなくなるツール

などの情報に、すぐに行き当たるはずです。

アメブロは、アメブロの記事を外部に保存する方法が、極端に少ないのです。

 


自分の財産である文章と写真を保存したい

 

アメブロの記事を1記事書くには、どのくらいの時間が必要でしょうか。

気合いを入れて書いている人は、数時間必要ですし、

気軽な感じでスマホから書いている人は、10分もあればかけるかもしれません。

 

平均を30分として、2000記事書いていたとしたら、

1000時間を、アメブロの記事に費やしたことになります。

 

イメージしやすいように、金額に変えてみると、

時給が1000円だった場合、

あなたのアメブロには100万円分の労力があることになります。

 

あなたが、銀行に100万円分預けておいたとして

その銀行が突然、口座停止になって、100万円を返還してくれなかったとしたら、

一生懸命に取り戻すと思うのです。

 

しかし、アメブロから他のブログに移行するとき

アメブロから記事を外に持ち出せないとわかった時

こういう言葉を聞くことが、何度もありました。

 

「まぁ・・・仕方ないから、
新しくイチから始めます。」

 

それが、「心機一転、新しく始めよう!」という気持ちなのであれば、けして悪いことではありません。

けれど、諦めの入った意思決定なのであれば、「こんな方法もありますよ」と、お伝えしたいのです。

 

それが、
アメブロらくらくバックアップです。

簡単に、アメブロ記事をWordPressにバックアップできることで、

アメブロ からWordPressへの引越しをするサービスです。

 

いざ、作ってみたら、強力すぎたので、

くれぐれも、ご自身のアメブロのみに対して、お使いいただきますよう、お願い致します。

利用中は、アメブロのアクセスが跳ね上がりますし、どこからの大量アクセスがあったかも追跡できるので、

もし、他人の著作物を引用した場合は、先方にはすぐに著作物が抜かれていることがわかります。

重ねてになりますが、くれぐれもおやめください。

 

また、アメブロには著作権などがあります。

アメブロのデザインや、アメブロのアイコンは、すべてアメブロの著作物なので、

それらを自分の手元に保存して利用することは、著作権違反となります。

 

しかし、あなた自身が書いた文章そのものと、

あなたが撮影した写真や、作成したイラストは、

あなた自身に著作権があります。それを、アメブロを使って表現しているだけです。

その「あなた自身の著作物」のみであれば、手元に保存することは、正当な行為です。

 

あなたが大切に築いてきた、アメブロの記事。

あなたが作成したものを、もう一度あなたの手にもどします。